entries list

「Portal」さんはホンマ神ゲーやでぇ

date: 2009/09/21 21:01
|

portal_ch13_01

フルHD環境になってからはじめて「Portal」をプレイしてみました。
グラフィック的には、2007年版とはいえSourceエンジンなので最新のタイトルと比べるとやはり見劣りはしますが、世界観に合ったラフさを持っているのであまり気にはなりません。

このゲームのすごいところは、パズルに「詰み」がないところです。
例えば2部屋に分かれているチェンバー13で、わざと手前の部屋にキューブを2つとも置いてハッチを閉めると、プレイヤーは奥の部屋に閉じ込められて詰んでしまうはずです。
しかしPortalではこういうポイントをちゃんと把握していて、「詰み」状態になったらその回避策としてハッチを開けてくれるようになっています。
何通りもの行動が予測される3Dアクション系のパズルで、これだけちゃんと対策ができているというのは素晴らしいですね。

TF2のメディックムービー「Homocide」

date: 2009/09/20 20:51
|

TF2のメディックムービー「Homocide」がとても格好良かったです。
基本的にバトルメディックが許されるのは孤立したときだけだとは思いますが、このぐらいフラグがとれるメディックは楽しいでしょうね!

関連するリンク

「Garry’s Mod」を少しだけ

date: 2009/09/19 19:00 | update: 2009/10/30 01:28
|

pl_goldrush0000

Garry’s Mod」が今だけ半額の$4.99ということで、購入して少しだけ触ってみました。
Source Engine系のゲーム(HL2やTF2など)のキャラクターモデルを自由に組み合わせて、動かしたり、撮影したりして楽しむゲーム(MOD)だそうです。
まだ操作方法などもよくわかっていませんが、Wikiなどを見て色々やってみたいと思っています。

関連するリンク

最終「Half-Life 2」全部俺

date: 2009/09/18 18:40 | update: 2009/12/25 09:48
|

[http://www.youtube.com/watch?v=jwxN8sCIOOE:movie]

「Half-Life 2」の効果音を自分の声から作ったものに置き換えるMOD(と言うよりもカスタムサウンドでしょうか?)がリリースされたとのことです。
ブブーン・ドゥドゥーとかデュクシとかですね、はい。

関連するリンク

「The PATH」はクリアしたけれど、もう何が何やら

date: 2009/09/18 18:24 | update: 2010/02/07 16:29
|

thepath_12

thepath_13

thepath_14

ロビン……、カルメン……、ジンジャー……。
このゲーム、もうどうしていいのかわからないです。

「BenQ E2420HD」で、ゲームPCをフルHDへ

date: 2009/09/17 20:06
|

B002MRTR2G

今月発売されたばかりの、「BenQ E2420HD」をゲーム用に買いました。これは24型のワイド液晶ディスプレイで解像度はフルHD(1920x1080px)サイズです。
「NTT-Xで送料無料、2000円引き、HDMIケーブルサービス」というキャンペーンをやっていて、24,800円でした。

最近はこの解像度が主流らしく、21型から24型のものが安く手に入ります。24型以上になるとさらに高さが増したWUXGA(1920x1200px)サイズもあるのですが、ゲームがメインであることを考えてアスペクト比が16:9のフルHDサイズを選びました。

デフォルトのままだと輝度が高くてまぶしい印象だったので、そこだけ設定を下げたのですが、あとは安物の液晶にしては発色の癖もなくて良かったです。今まで使っていたSONYのものと比べるとやはり見劣りはしますけれども。

接続端子はDVI-DとミニD-Sub15が一つずつに、HDMIが二つ付いています。それとオマケで、USBが4ポートとスピーカーが付いています。
一緒に買った友人と、「置く場所に困るよね、これ」とか言いながらも満足しています。
ちなみにノングレアなので、ゲーム中に暗転したときに自分のマヌケ面を拝まなくて済みます。
良かった良かった!

1920×1080の世界

hd_display_01

hd_display_02

hd_display_03

多分画像の横幅が広すぎてこのままだと全体を見ることはできないと思うので、サムネイルを右クリックして「新しいウインドウ(またはタブ)で開く」を選んでみてください。

関連するリンク

その後の「The PATH」も心が折れる展開

date: 2009/09/16 23:55 | update: 2010/02/07 16:29
|

thepath_08

thepath_09

ローズ……。

thepath_10

thepath_11

ルビー……。

意味不明過ぎて怖い「The PATH」

date: 2009/09/15 20:06 | update: 2010/02/07 16:29
|

thepath_01

「The PATH」は三人称視点の散策ゲームです。以前のインディーズゲームパックセール(World of GooやBraidとのセット)のときに買ったままだったので、少しだけやってみました。

6人の女の子の中から1人選び、おばあちゃんの家までおつかいに行きます。
実は、スタートしてからまっすぐの道を歩いて行くだけでおばあちゃんの家に辿り着くことができます。ただし、これではゲーム上は「失敗」となってしまうため、森の中を探索して色々なアイテムを発見したり、狼(これは比喩表現で、実際に動物の狼とは限らないそうですが)と出会ったりして、この世界の不思議を垣間見てから、おばあちゃんの家に向かわなくてはいけません。
操作性はかなり悪いですし、ストーリーもさっぱりわからないですが、雰囲気のあるゲームです。

thepath_02

thepath_03

thepath_04

thepath_05

thepath_06

thepath_07

どうしてこうなった……。
全然意味がわからない! 不気味! でも暗い魅力のあるゲームです。

毎日皆さんにお届けしている「許さないポイント」について

date: 2009/09/15 00:12 | update: 2009/09/15 16:26
|

ztnyrsn

この文章の「絶対に許さない」というのはあくまでネタです。やりこめられている側のイライラ感や、逆にゲーム内とはいえ一方的に加害している側の気まずさを、あえて冗談という形で口に出すことで場を和ませるためのものであり、本心から「絶対に許さない」と思っているわけではありません。このことを予めご理解ください。
でも許さないよ。

以下の行動をされた場合「許さないポイント」が加算され、めでたく10ポイント貯まった方には……。

絶対に許さない(+3)

  • ユーバーの準備が完了したときに殺された場合
  • スパイをキルして「スパイクリアー!」と余裕でVC報告した途端に、生き残ってたもう片方のスパイに殺された場合
  • スパイ・スナイパーに制圧を記録された場合

許さない(+1)

  • 味方のメディックを殺された場合(守れなかった自分も許せない)
  • 適当に撃ったと思われる矢で死んだ場合
  • ジョイン戦争で後から来たのに先を越された場合

許す(±0)

  • 入口テレポ粘着
  • 同じ場所へのセントリー設置
  • ガッカリユーバー

もう許した(x0)

  • クリッツ攻撃に吸い込まれるように当たってくれた場合
  • 直接狙っていなかったのに流れ弾の巻き添えでキルしちゃった場合
  • 人数調整でこちらのチームに強制移動してきた場合

さあみんなで今日も楽しくTF2!

今使っているTF2のコンフィグファイル

date: 2009/09/14 19:48 | update: 2009/09/30 06:57
|

元々反射神経がいいわけでもなく、さらに年齢とともにゲームの腕が衰えているのを実感しているので、僕にとってFPSゲームのコンフィグファイルを最適化することは勝負の一部になっています。

というわけで、今使っているコンフィグファイルを公開します。個人によって環境や経験にかなり差があると思うので、このまま使うよりはコンフィグいじりの目安程度に考えて使ってもらえれば幸いです。

ダウンロード

ただしインストールは自己責任でお願いします。また、cfgフォルダのバックアップを取ってから使用してください。

続きを読む