archive: 2014/07/03

「Risk of Rain」こういうインフレゲーを待っていた

date: 2014/07/03 19:30
|

riskofrain_play_01

今年のサマーセールで購入した「Risk of Rain」をプレイ。
ローグライクなプラットフォーマーで、アイテムによって自キャラを強化していくのが楽しい一作です。
アイテムのほとんどはPassive(何もしなくても効果が常時発動する)で、複数所持が可能。
終盤などは、画面の派手なエフェクトと処理落ちのせいで何が起こっているのかわからなくなります。
そこがまたいい!

ハクスラのようにアイテムの良し悪しを吟味する手間がないのは、「死んだらまた最初からやり直し」という本作において嬉しいデザインになっています。
また時間の経過によって難易度が上昇するシステムにより、念入りにアイテム探索したりヒットアンドアウェイでじっくり戦ったりするプレイスタイルが必ずしも奏功するわけではないというのも面白いところです。

数値面(ダメージ量や時間)での緻密な計算を感じる一方、マップの構成には退屈さを感じます。
初期ステータスのジャンプが低いことや、画面スケールに対する移動速度の遅さ、挙動の硬さなどがアクションに関する爽快感を減らしている印象です。