entry

「Space Engineers」プレイ日記(その16)

date: 2014/04/29 17:30
|

space_engineers_play_33

久々にナスプリと「Space Engineers」のマルチプレイヤーモードをプレイ。
前回プレイした3ヶ月前はマルチプレイヤーモードが実装された直後だったわけですが、あれから多くの要素が追加されました。


「とりあえず資源を採掘しよう!」ということで、試作競争の後ベースアルファの地下に埋めてあったアカさん(月影楼)の機体を掘り出し、ドリルを無理矢理くっつけることに。
しかしこれが一大事。
サバイバルモードでプレイする場合はリアクター(動力源)に燃料(ウラン)を投入する必要があるのですが、なんせ3ヶ月前はコンベア(後述)が機能していなかった上、被弾しないようジェネレーターを装甲内に隠す設計にしていたため、機体が動きません。

ということで、手っ取り早く外側にリアクターを追加。
ドリルの挙動に関する研究もしていなかったので、行き当たりばったりで装備。
結果、相当やばいデザインの機体が出来上がりました。
これには作った本人も大笑い。

space_engineers_play_34

機能が付いたブロックにはアクセスベイがあり、これをコンベアと繋ぐことで物質の行き来ができるようになります。
この辺のシステムは開発中とのことで、まだあまり詳しく検証していないのですが(これから仕様が変わるだろうし)、例えばリアクター・コンベア・カーゴのように接続してカーゴにウランを放り込むと、自動的に燃料がリアクターへ供給されます。
つまりリアクターのアクセスベイを外部に晒すことなく、内部でフローを作ってやればいいわけです。
なるほどなー。

関連する記事