archive: 2014/04/23

「GRID Autosport」Eurogamerによるインタビューと実際のゲームプレイの様子

date: 2014/04/23 17:45
|

Eurogamerによる「GRID Autosport」のインタビュー映像に、実際のゲームプレイの様子が収録されています。

宣言通りコックピットビュー(車内視点)が復活しています。
ただしハンドルや計器類など手前側のオブジェクトはぼやけています。
これはFPSの覗き込みなどでよくあるDoF(Depth of Field; 被写界深度)の表現なのですが、オプションでオフに出来るかどうかは不明です。
Codemastersの過去作でコックピットビューを採用しなかった「DiRT Showdown」や「GRID 2」に関して、車内視点を実現させる非公式Modの映像を見たことがあるのですが、当然リソースを減らすために簡素化されていました(ハンドルが円ではなくカクカクだったりテクスチャーが適当だったり)。
そういう粗さを隠すためにブラーをかけているのであれば、オフに出来ない可能性は十分にあります。

HUDについては、文字に影がつくことで逆光時の視認性が上がりました。
とはいえ背景色が付いていないので、ギャップやラップタイムは相変わらず見にくい印象。
注目すべきは右下のアイコンで、右列はABSやTCなどの作動警告、左列はおそらく主要部のダメージ、後の4つは前後左右のタイヤの磨耗状況を表示するものと推測されます。
初代「GRID」のようにダメージの情報が視覚的に得られるのは非常にありがたいですね(というかなぜこれをGRID 2で消したのかいまだにわからない)。

動画後半では、懐かしのサンフランシスコのコースが登場。
また市街地コースだけではなく常設サーキットも充実するようです。

関連するリンク