archive: 2014/03/18

「Titanfall」誰も話を聞いていないキャンペーンマルチ動画(その1~3)

date: 2014/03/18 20:00
|

「Titanfall」はマルチプレイヤーモード(PvP)のみのゲームですが、ただ試合を淡々と行う一般的な「クラシック」の他に、シナリオに沿ってプレイする「キャンペーン」も用意されています。
今までのFPS(あるいはアクションゲーム)であれば「キャンペーン」という言葉は即ちシングルプレイヤーモードを意味していて、例外があるとしても一話完結型のCo-opミッションだったりWaveクリア型のサバイバルモードだったり、PvE(対AI)でプレイするものでした。
しかし本作ではこれをPvP(対人)で、各勢力9話ずつプレイします。

この試みは、現状では失敗していると言わざるを得ないでしょう。
まず第一に、話を聞いている余裕がありません。
ドラマチックな展開が右上のワイプ画面で繰り広げられていても、なにせこちとら目の前の試合に集中しなくてはいけないので、それを見聞きしている暇なんてありません。
デモシーンが少なくて迫力に欠け、ストーリーを知る機会は試合間のラジオドラマ風なキャラクターの掛け合いくらい。
何より話が面白くなく、登場人物への感情移入もできません。

マッチングに関する問題もあります。
当然、同じ進行状況のプレイヤーがいないとゲームが始まりません。
これは一応解決策が用意されているのですが、自身の進行状況を巻き戻して他のプレイヤーに合流させるというもので、同じ話をもう一度プレイしなければいけません。
また単純にプレイヤーのレベル差が大きいと、一方的な試合展開にしかならないというのも問題です。

「キャンペーンマルチ」は今のところ苦行でしかありません。
ただこういう試みを頭から否定し続けていると、新しいものは生まれません。
個人的には、誰もが避けて通ってきた「PvPでキャンペーンをやる」というアイデアをこうやって具現化した点は評価したいです。
あとは、このアイデアをどうやったら上手く料理できるか……。

続きを読む