archive: 2014/01

「Space Engineers」プレイ日記(その11)

date: 2014/01/20 18:00
|

space_engineers_play_17

ナスプリ・アカさんと3人で「Space Engineers」マルチをプレイ。
今回は前から計画していた「同じ条件でそれぞれが機体を作る」「その機体に自分が乗って戦う」というデザインコンペとトライアルを行いました。
題して、上福岡空軍高等練習機選定試験
戦いに唯一生き残った機体が、上福岡空軍初の練習機T-1として制式採用されます。

続きを読む

「Saints Row IV」のフリーウィークエンドを楽しむ

date: 2014/01/19 17:10
|

sr4_freeweekend_01

Steamでフリーウィークエンド(期間限定ながら無料でゲームをプレイできるイベント)が開催中の「Saints Row IV」をプレイしました。
金曜日には「よっしゃ! この期間内でクリアしちゃうぞ!」と意気込んでいたのですが、長時間プレイすると疲れてしまうので早々に断念、自分のペースでやれるところまでやる方針に切り替えました。

以前プレイしたことのあるデモ版(というかキャラクリエイト)でSR3のキャラクターの外見を引き継いだはずなのですが、改めてSR4で外見データをダウンロードしてみたところ、またパンツ一丁に戻っていました。
その時にちゃんと下をはきなおしたのに、何でや!?

続きを読む

「Space Engineers」プレイ日記(その10)

date: 2014/01/18 19:17
|

ただ撃ち合いをしているだけなのに、これほど楽しいだなんて!

関連するリンク

「Space Engineers」アルファ版に、マルチプレイヤーモードが追加

date: 2014/01/17 17:12
|

ついに、ついに!
「Space Engineers」アルファ版に、マルチプレイヤーモードが追加されました。
今回リリースされたのは初期版であり、シングルでは実装済みの機能が一部利用不可になっているようですが、共同開発やドッグファイトなどのファンが楽しみにしていた部分はもう遊べるようです。
今後はパフォーマンスの改善などが予定されているとのことで、どんどん快適になっていくことでしょう。

関連するリンク

「American Truck Simulator」にケンワースのトラックが登場か

date: 2014/01/16 20:00
|

ats_news_09

SCSの開発ブログにて、「American Truck Simulator」の続報が公開されています。
記事自体は、「アメリカ・ワシントン州カークランドのある企業を訪問した」という一文と、「レンダリングされた車内のスクリーンショット」だけという素っ気ないものですが、これらは実在のメーカーである「ケンワース」の登場を示唆するものになっています。
昨年公開されたスクリーンショットに写っていたトラックはピータービルトのものばかりで、他のメーカーとの交渉はどうなっているのか気になっていましたが、どうやら着々と進んでいるようです。

ただし文末の注意書きにもある通り、契約が正式に結ばれるまでは実在するメーカーのロゴは「仮」のものとなります。
実際「ETS2」においては、ボルボの承認はリリース後に行われ、メルセデスに関しては架空のメーカーに置き換えられるなどの措置がとられていました。
とはいえ、実在する有名なメーカーのトラックに乗ることができるのは本作の魅力のひとつなので、期待は高まりますよね。
是非とも契約を上手くまとめてもらいたいものです。
欲を言えば、フレイトライナーとも……。

関連するリンク

「Strike Vector」ベータ版プレイ動画(その1)

date: 2014/01/13 16:30
|

サーバーとの接続エラーが頻発しているので細切れですが、プレイ動画を撮影しました。
左右の武器と特殊兵装の組み合わせを考えるのがとても楽しいです。

当然のことながらPingは3桁(USは100~200・EUは200~300程度)なのですが、レイテンシーによる不利をほとんど感じませんでした。
どういう技術が使われているのかわかりませんが、スピードが出るゲームにおいてこの仕様はありがたいですね。
また、複雑に入り組んだ構造のマップでありながら、処理の重さも感じませんでした。

関連するリンク

「Strike Vector」ベータ版プレビュー

date: 2014/01/12 14:06
|

strike_vector_beta_01

今月末にリリース予定の「Strike Vector」のベータ版をプレイしました。
本作は、高速で飛行する形態とその場でホバーする形態を切り替えて戦うハイスピードメックシューター。
Deathmatch・Team Deathmatch・Dominationといったメジャーなルールが用意されていますが、基本的にはマルチプレイヤーの対戦(PvP)のみとなっています。
このご時勢にそんなゲームを作ると、過疎化する未来しか待ち受けていないと思うのですが果たして……。

ちなみに、よく似た名前とよく似た変形機構を持つ「Strike Suit Zero」とは関係ありません。
念のため。

続きを読む