entry

「War Thunder – Steam Pack」購入、このパックはお得か?

date: 2013/08/19 18:00
|

war_thunder_play_12

Steam版の限定特別パック「War Thunder – Steam Pack」を購入しました。
通常価格24.99ドルのところ、リリース記念セール(明日午前2時まで)として25%オフの特別価格18.74ドルで購入できます。
セット内容は、

  • Steam限定機体「Rasmussen’s P-36A」
  • ヒストリカルキャンペーン「太平洋戦争(アメリカ)」と「太平洋戦争(日本)」
  • その特典のプレミアム機体「XP-38G」と「A6M5 Ko」
  • プレミアムアカウント(30日分)
  • 1,700GE(ゴールデンイーグル)

となっています。


war_thunder_play_13

war_thunder_play_14

当然といえば当然ですが、いくら性能のいいプレミアム機体を先にもらったとしても、国別のアンロック進捗がその機体のランクに到達していなければ、その他の機体は低ランクのものを出撃させなければならず試合になりません。
ということで、せっかくの零戦五二甲型ですが、ランク12に辿り着くまでは眺めて楽しむことにします。

ヒストリカルキャンペーンは、昨年春に家庭用ゲーム機版がリリースされた「Birds of Steel」(邦題: 蒼の英雄)の内容そのままとのこと。
ちなみに「XP-38G」と「A6M5 Ko」は、このヒストリカルキャンペーンの特典のようです。

war_thunder_play_15

war_thunder_play_16

本作のゲーム内通貨には、リアルマネーで購入する(いわゆるプレミアム通貨)ゴールデンイーグル(Golden Eagle; GE)と、ゲームをプレイすることでもらえるシルバーライオン(Silver Lion; SL)の2種類があります。
(お、楽天と西武か?)

GEは、プレミアム機体の購入や機体改良の早期アンロック、経験値やSLへの変換、そしてプレミアムアカウントへのアップグレードに使われます。
もちろんプレミアム機体は強力ですが、通常機体も時間をかけて育てていけば同等の性能に到達するので、本作における課金要素は「時間短縮」を目的としているようです。
SLは、通常機体の購入や機体改良、修理・弾薬補充などに使われます。
こちらは試合をこなす他にも、実績解除やゲーム中の特定の行動でボーナスが得られます。

war_thunder_play_17

プレミアムアカウントはGEで購入する上位メンバーシップで、期間内では経験値やSLの獲得量が大幅に増えます。
このプレミアムアカウントは「無くても全く困らないけれど、有ったらとても嬉しい」という絶妙の匙加減になっているのが、憎らしいところ。

この経験値ブーストのおかげで、どうも機体との相性が悪くてスコアが伸びずに停滞していたドイツ軍の2-3ランク帯を何とか抜け出すことに成功。
もし使い道のないGEが余っているのであれば、100GEで1日だけプレミアムアカウント化することも可能なので、行き詰まりを感じているのなら試してみるといいかもしれません。

で、結局このパックはお得なの?

この24.99ドルの「War Thunder – Steam Pack」の内容をバラで買った場合、

  • ヒストリカルキャンペーン: 19.99ドル
    (さらに個別に買うと11.99ドルx2)
  • プレミアムアカウント(30日分): 2,000GE
    +オマケポイント: 1,700GE
    =小計: 3,700GE: 約20ドル

ということで、合計40ドルになります。
シングルプレイヤーモードであるヒストリカルキャンペーン(と同梱のプレミアム機体)が欲しいのなら、このパックは超お買い得でしょう。
また公式サイトの販売ページを覗いて見ると、どうやらこのSteam限定パックは「Pacific Advanced Pack」(49.99ドル)からオマケGEポイントを減らして、その分値段を下げたもののようです。
「そこまでGEは要らないよ」という人にとって、このSteam限定パックは手頃な価格の入門セットと言えるでしょう。

関連するリンク

関連する記事