entry

PLAYISMにて日本語版「Dinner Date」配信開始

date: 2012/12/24 16:21
|

dinnerdate_playism_header

PLAYISM」にて、ついに、デートシミュレーションゲーム「Dinner Date」の日本語版(字幕)が配信開始になりました。
また定価480円のところ、本日24日と明日25日のみ半額の240円で購入できます!
本ブログをご覧の皆さんには再度説明することもないかと思いますが、例の、「ファーストパーソン食事ゲーム」の日本語版です。

実を言うと今回はまだプレスリリースが届いてないのですが、うちのブログでクリスマスイブにやることといえば「Dinner Date」のことしかないので勝手に宣伝します(当たり前のように)。
ちなみにPLAYISMのクリスマスセールについては本日までとなっていますので、こちらもお見逃しなく。


事前にPLAYISM公式Twitterで告知されていた通り、「クリスマスイブにリリースする」という粋な計らい……。そしてストアページのタイトルに「シミュレーションゲーム」と明記されている点……(デートシミュレーションと見せかけてその実は一人飯シミュレーション)。
以前からの熱心な「Dinner Date」ファンとしては、そういう本作の特長に大きな理解のあるグループが日本語化を担当してくれたことを心から嬉しく思っています!

翻訳については、意外に難しい作業だったのではないかと思います。
本作の文章はすべてジュリアンの心の声で、ところどころで話の脈絡を失う部分があるのです。
例えば、メイコの話をしていると思ったら急に職場の愚痴に飛んだり、気分が唐突に盛り上がったのか下ネタをブッ放したりと、正しい翻訳や自然な解釈がしにくかったはずです。
加えて場面が例の食事風景のみというのも、読解を困難にさせたことでしょう。

昨年の12月25日、クリスマス当日にJackassforce氏から「Dinner Date」(Steam・英語版)をプレゼントしてもらい、続けざまに3周もプレイし、そのゲーム性に(色々な意味で)感動。この面白さを正しく伝えなくてはいけないという謎の使命感にかられ、珍しく長いこと動画の演出を練り、新年早々に実食プレイ動画を投稿しました。
そう思えば、2012年のMF2dlogは、「Dinner Date」プレイ動画に始まり「Dinner Date」日本語版リリースのニュースに終わる一年となったわけですね。

一点だけ気になったのは価格設定について。
英語版の定価は今年3月に4.99ドルから2.99ドルへ値下げされているので、普段のPLAYISMの価格設定と比べると定価480円は割高感があります。
以前から日本語で「Dinner Date」をプレイしたいと思っていた人は特に、この半額キャンペーンは見逃せないものになるでしょう。

関連するリンク

関連する記事