entry

ドラマ版五郎ちゃんもいいじゃない「孤独のグルメ Season 2」

date: 2012/11/29 18:50
|

テレビなんて、最近はニュースやスポーツ観戦するくらいしか見ていなかったのですが、先月から放送されている「孤独のグルメ Season 2」だけは欠かさず録画して視聴しています。
今年のはじめに第1期が放送されていたのですが、実はそのときはドラマ版にさほど関心がなく、時間が合えば見ていた程度でした。
というのも、個人的には原作のマンガ版がとても好きで、ドラマ版の松重豊氏が演じる「井之頭五郎」にどうにも馴染めなかったのです。


459405644X

しかし改めて第2期のドラマを見て、すぐに意見が変わりました。
これはドラマ版五郎、松重五郎なのだ、と。
それを理解することで、ドラマも楽しめるようになりました。

マンガ版の五郎が80年代~90年代の過去のビジネスマン風であるのに対して、ドラマ版はまさに今を生きる人物。
オヤジギャグまじりの心の声や、甘味に対する嬉しそうな表情など、茶目っ気のある親しみやすいキャラクターになっています。

「うわ! 四川 本気出してきた!」とか「ギクリンコ」とか、くだらない言い回しも松重五郎なら許せてしまう不思議な魅力があります。
例えば食べ方が綺麗ではなかったり、他人の料理をガン見したりといった男の一人飯のリアルさが詰まっています。必見です。

ただし夜中に見てしまうと危険なので、録画して日中に見ましょう。

関連するリンク

関連する記事