entry

「F1 2012」デモ版雑感

date: 2012/09/12 14:27
|

事前のアナウンスどおり、PC版「F1 2012」のデモ版がSteamにて配信開始となりました(何らかのトラブルがあり数時間遅れとなったようですが)。
収録されているゲームモードは「ヤングドライバー・テスト」と「シーズンチャレンジ」の2つです。

ちなみに、Steamのストアページにも書かれていますが、このデモ版は完全にローカライズされています。
音声・字幕・インターフェイスなどはすべて日本語になっています。
過去作である「F1 2010」においても設定ファイルを書き換えることによりこれと同じ仕様でプレイできましたが、本作ではPC版もオフィシャルに日本語対応していると期待して問題なさそうです。


ゲームを開始するとアナウンサーが日本語でペラペラしゃべりだします。
もちろんプレイヤーに話しかける部分もありますが、どちらかと言えば「ヤングドライバー・テスト」というイベントを実況しているアナウンサーといった印象です。

まずはマクラーレンのチームスタッフから簡単な説明を受けて、F1マシンのシートに座ります。

「ヤングドライバー・テスト」は、ヤス・マリーナ・サーキットで実際に行われたテストプログラムをモチーフにした、いわば「チュートリアル」モードで、マクラーレンのテストドライバーとして「発進と停止」や「コーナリング」などのごく簡単な課題のクリアを目指します。

F1というシビアな世界の雰囲気を残しつつも、初心者にやさしく出来ている上手い仕組みですね。
よくよく考えてみれば、今までこのように実戦形式でボタン操作から手取り足取り教えてくれるゲームモードはなかったのですが、そもそもこのゲームを「はじめてのレースゲーム」として買うウッカリさんはほとんどいないわけで、全く問題になっていませんでした……。

課題の中にはシステムの説明ビデオをただ見ているだけ、というものがあったのですが、そのプリレンダムービーの質が低く、リアルタイムのゲーム画面の方がキレイで明らかに浮いてしまっているのがかなり気になりました。

パッと見のグラフィックレベルとしては、「F1 2011」から進化した印象はありません。

上のスクリーンショットのカメラ視点(インテーク左か?)は「F1 2012」で初採用だと思われます。F1中継でよく見る位置ですね。
また、レコードラインやブレーキ位置を示すガイドラインが、ピットレーンから出るときに(おそらく専用の)水色に変化していました。

デモ版ではさらに「シーズンチャレンジ」モードとして、モンツァ・サーキット(イタリアGP)で予選一発(フライングラップ)と決勝(5周)のショートレースウィークエンドを楽しめます。
ちなみに「チームメイト」とは別に「ライバル」として他のチームのドライバーを選択可能で、HUDやマップにポジションがわかりやすく表示されるほか、チームラジオで「ライバルは後方にいるぞ」などと臨場感あるセリフが聞けました。
前作同様スタッフから技術的な話や結果に関する感想などがメールとして届く(今回はウィリアムズだったのでサー・フランク・ウィリアムズから!)他、自分にまつわるニュース記事を読むこともできます。

かわりばえしないゲームではありますが、それでも一つのゲームとしての完成度は確実に上がっているであろうことを期待させてくれるデモ版でした。
Steam Cloud対応と明記されていることや、直近作の「DiRT Showdown」がそうだったように、DRMとしてGame for Windows Liveを使うわけではないようです。
おそらくはSteamを介して、Codemasters Racingのハブとなる「RaceNet」にデータが送られることになるのでしょう。

なお現在のところ日本からSteamで予約購入することはできません。
また、発売日は2013年1月2日となっています。

関連するリンク

関連する記事

3 responses

たく /#2036

date: 2012/09/12 21:30:30

おお!デモ配信されたんですね~
ぱっと見て確かに画質は変わってなさそうですが、ベンチとかされました?
重くなってるんですかね~毎年このゲームにあわせてビデオカードを新調してます(笑)

bami /#2037

date: 2012/09/13 13:52:32

「そういえば」と思って確認したところ、このデモ版にはベンチマーク機能が搭載されていませんでした。
グラフィックオプションから各種設定の変更は可能ですが、普段ならここにあるはずのベンチマークの文字がなく……。
ただもしかしたら、製品版に入る可能性はあるかもしれません。

デモ版を実際にプレイした印象としては、見た目と同じくそんなに重くなっていないので、「F1 2011」が快適に動くのなら問題ないかと。
とはいえ収録コースはヤス・マリーナとモンツァだけだったので、例えばモンテカルロのような周囲のオブジェクトが密集したコースでどうなるかはわかりませんが。

たく /#2039

date: 2012/09/14 18:48:42

自分も昨日デモやってみました。
確かに重さは変わってないか、もしろ2011より軽いくらいですね~パッチが出るころにどうなるかわかりませんが。
グラは光が拡散しすぎな感じで微妙でした。
そうですね、コースが決まっているので、完璧な判断は難しいですね。

デモやってみて直進の安定性というか、ぴったりのハンドリング設定がなかったです。
エンジン音は概ね進化してますが、ちょっと反響音が強すぎな感じも・・・。

このままの製品版なら、2012は評価が分かれそうな出来栄えかと個人的には思います。