entry

「Driver: San Francisco」マルチも上手くまとまっていて好感触

date: 2012/06/24 19:39
|

月曜に購入してからずっとプレイしていた「Driver: San Francisco」ですが、シングルはストーリーをクリアしサブのイベントも一通りこなしたため、マルチに出かけてみることにしました。
セール後ということもあって、Public Matchはあっという間に人数が揃い、アツいレースを楽しめました。


このゲームのマルチが優れていると感じる点はいくつもあります。
プレイヤーがすべきことは、ロビーから「Find Public Match」の項目を選択するだけ。すぐにマッチングされ、最初のレースが開始されます。ルールやそれに準じたコース・車の選択も自動で行われます。
レース本選の間に予選のようなミニゲームが挿入され、例えばジャンプの距離や障害物を壊した個数を競って次のレースのグリッドが決定します。

マルチにはランクが用意されていて、ランクが上がるにつれルールや車種やアイテムがアンロックされるため、一見初心者には不利に思えます。しかし、トラフィック量の多さからどんなに熟練したプレイヤーでもミスが生まれるため、実際にはあまり気になりませんでした。
ちょっとしたことですが面白いのは、ロビー画面でESCキーかSTARTボタンを押すことでSHIFTすることが可能で、他の車に乗り移ってフリードライブを楽しむことができます。プレイヤー待ちをしているときの暇つぶしにちょうどいいオマケですね。

唯一気になったのは設定からマイクをオフにできない点で、外部VCツールとしてMumbleやSkypeを併用しているプレイヤーは、ゲーム内VCを相手に手動でミュートしてもらうしか解決策はないようです。

関連する記事