archive: 2012/05/05

サンくタムへようこそう

date: 2012/05/05 19:21
|

現在Steamでフリーウィークエンドが開催中の「Sanctum」を軽くプレイしました。
実は2年前にデモ版をプレイしたことがあるものの、その後セールやバンドルで安く買う機会を逃したまま今日に至っていました。

設定で英語から日本語に切り替えられるので試してみたところ、出てきた文字列が「サンくタムへようこそう」。他にも「セッティングス」とか「ギブスのデテールス」など違和感のある日本語が見受けられました。
対応言語として日本語が入っているのは嬉しいですし、意味が通じないわけではないので許容範囲ですが(あと”ネタ”にもなるし)、これを見たときにPLAYISMの運営元である株式会社アクティブゲーミングメディアのブログ記事を思い出しました。
翻訳者は「ネイティブスピーカー(ここでは日本語話者)」であるのはもちろんのこと「ネイティブゲーマー」でもあるべし。
まさにその通りだな、と。

まあ日本人であっても、文章として適切な日本語を書くのは中々難しいのですが……。
「Skyrim放浪記」で他人の文章の誤記・誤訳を訂正するのがいかに大変かを思い知らされて以来、こういう変な日本語ネタを見ると色々考えさせられてしまうのです。