entry

「GTA4」Modあれこれ(ENB編)

date: 2012/04/13 18:27 | update: 2012/04/14 05:17
|

GTA4をバニラでクリアしたので、Modを色々入れて遊んでみることにしました。
まずは、前々から高い評判を聞いていたグラフィック改善Modの「ENB」の導入から。

とりあえず今回はENB編ということで、他のModについては後日別記事で紹介します。
こちらのENBの比較記事を参考にさせていただきました。


……とその前に、「ENB」とは

「ENB」とは、「ENBSeries」というグラフィックを強化するMod(の名前)を指します。
ただしGTA4においては、本家ENBの設定等を自分の好みに調整して再リリースされた”亜種”が多く存在するため、今ではそれらを総称して(広義に)「ENB」と呼ぶようになっています。どちらかというと「ENB」というModのカテゴリーがあるイメージです。
最近ではSkyrimでもこのシリーズがリリースされているので、名前だけは聞いたことがあるという方もおられるでしょう。

ENBはGTA4本体のテクスチャーやモデリングを高精細なものに変更するわけではありません。その実態はDirectXの描画処理に覆いかぶさる形で、光源の調節や反射の加減などの「後処理」を行っているだけなのです。当然ENB自体のファイルサイズはそれほど大きくなく、そのほとんどが数MB単位のデータになっています。
少し拍子抜けしたのですが、しかし実際にENBを導入してみるとグラフィックの印象が一変して驚かされました。

例えば車体への映り込みが綺麗だとか朝日の光が明るく爽やかだとかいう具合に、各ENBが出す「画」には様々な特長があります。また、さらに設定ファイルをいじることで自分の好みに合わせて微調整できるようにもなっています。
iPhoneなどで人気のある「トイカメラアプリ」に画像処理フィルターがいくつか用意されているように、GTA4本体のグラフィックにENBというフィルターをかけている、と言うとわかりやすいでしょうか。また「セピア風」「白黒写真風」「LOMO風(全体に発色がよく四隅が暗くなるような写り方をするカメラ)」といった具合にいくつも画像処理フィルターがあるように、ENB(亜種)にもいくつか種類があるわけです。

わずかな容量で効果的な改善を得られますが、反面その仕組みゆえにPCのリソースを非常に食うため、グラフィックカードなどのハードウェアに深刻なダメージを与える場合があります。
この記事で紹介するENBに限らずModの導入は自己責任が原則ですが、今回は特に注意してください(熱暴走など)。

ENB系Mod

GTA4: バージョン1.0.7.0(Steam版)

iCEnhancer 1.25

GTA4のENB亜種と言えば一番有名なのがこの「iCEnhancer」でしょう。昨年夏に話題になった、「まるで”実写”のような超高画質ゲーム画面」の正体がこれです。
デフォルトだと薄紫色がかってる印象。また、バージョン1.0.7.0では直射日光が当たる場所だと眩しすぎました。

iCEnhancer 1.35

昼は結構いい感じかなーと思ったのですが、夜のライト全般が眩しすぎて却下……。

iCEnhancer 2.0N

バージョン1.0.7.0に対応したiCEnhancer 2.1が近日リリース予定だそうで、個人的にENBはその出来を見てから研究しようかなと考えています。

L3EVO

全体的に眩しすぎず、それでいて十分に明るいので結構いい感じ。
ただし、バージョン1.0.7.0では空が赤くなってしまうバグ(Red Sky Bug)があります。

CGN (ChinaGreenElvis)

バージョン1.0.7.0でも正常に動作。Red Sky Bugもありません。
白黒風とかセピア風といったプリセットが数種類用意されていて、簡単に切り替えられるようになっています。また、ENBで上書きしたファイルを戻せるように、デフォルトのファイルを用意しているところもポイントが高いです。
現在はコレを導入しています(冒頭の動画もCGNを使っています)。

まとめ

「こんな画質でゲームをプレイしたい!」と、ときめいている方もいるかと思いますが、実際にプレイしてみて真っ先に出てきた感想は「ENBを入れたままでプレイするのはつらい」というものでした。
その理由は、「むやみにハードウェア的なリスクを背負いたくない」ということももちろんあるのですが、それよりも「目が疲れる」ということの方が自分にとっては問題でした。

冒頭で話題にした「トイカメラアプリ」の説明を再び利用するならば、撮影された写真ごとに被写体の構図だとか全体的な明るさ・色の多さなどによって適したフィルターと適さないフィルターがあるわけで、ENBのように終始同じフィルターを画面にかけ続けた場合は、綺麗に見える場所と案外そうでもない場所ができてしまうのです。
「ちょっと影に入った場所の画は最高なのに、太陽の下に出ると眩しすぎる」といった感じ(正確には、昼と夜とで別の設定がされてたり、ゲーム中の光源をうまく利用していたりするものもありますが)。

結局のところ「このままプレイする」というよりは、瞬間的に画面を切り取る「スクリーンショット撮影」に向いたModなのかなー、と感じました。

メモ

GTA4本体のバージョンによる問題点

Steam版のGTA4のバージョンは自動アップデートがはたらいている場合最新版の「1.0.7.0」がインストールされます。しかし本家ENBは「1.0.4.0」向けに開発されたらしく、1.0.7.0に導入すると不具合が出る場合があります(というかかなりの確率で作者が意図しない表示になってしまう)。
解決策は2つ。

  1. 1.0.4.0にダウングレードする
  2. 1.0.7.0に対応したENBを導入する

前者の一番の問題点は、1.0.4.0がまだ日本語に対応していなかったため、英語でプレイしなければ行けません。また、1.0.7.0のセーブデータも使えない(はずな)ので、最初からやり直しに……。
後者の一番の問題点は、1.0.7.0にきちんと対応しているENBが少ないこと。無理矢理導入すると、表示が変になったりバグが出たりする可能性が高いです。

Dxtoryでエラーが出る

ENBがDxtoryのオーバーレイと競合しているらしく、エラー落ちしてしまいます。Mumbleの発言者を確認するオーバーレイでも同様のトラブルがあったので、Dxtoryの仕様のようです。
別のキャプチャーソフトを使ったほうがいいでしょう。

ENB効果のオンオフ

「Shift + F12」キーでENB効果のオンとオフを切り替えることが可能です。比較のスクリーンショットを取るときに便利!

設定をいじるときは

「enbseries.ini(あるいはiceconfig.ini)」の数値を変更することで、様々な効果を調整できます。
その場合、[GLOBAL]項目にある

CyclicConfigReading=true

とすることで、設定ファイルを一定時間ごとに再読み込みしてくれるようになります。いちいち再起動しなくていいので便利!
ただし「true」のままでプレイすると再読み込みの瞬間に画面が一瞬固まるので、設定を決めたら「false」に戻すのをお忘れなく。

ウインドウ化

色々方法はありますが、Steamなら起動設定(起動オプション)に、

-windowed -width 1280 -height 720

と入力するだけ。

関連するリンク

関連する記事

4 responses

困ったチャン /#1955

date: 2012/05/13 17:42:13

icE1.35ではレッドスカイバグが発生するのですが、icE1.35向けのFixはありますかね?

bami /#1956

date: 2012/05/13 22:56:31

自分はiCE 1.35で空が赤くなった記憶がないのですが、やはり本体のバージョン1.0.7.0だと出てしまうんですね。
単純に「Red Sky Fix」で検索してみたところ以下Modを見つけましたが、これはこれでまだBetaのようです。
http://www.gtagaming.com/downloads/gta-iv/misc-mods/13611

困ったチャン /#1958

date: 2012/05/25 00:02:16

了解ですありがとうございました。
また、ブログ上でも述べられている通り、L3EVOはなかなかいいなぁと思ったので現在愛用中なのですが、レッドスカイバグが結構出ますよね;

L3EVO向けのfixはありますでしょうか?
また、icE2.1Nの最新情報など何かありましたら教ええて頂けると幸いです。

mod入れすぎ君 /#2027

date: 2012/09/02 23:15:26

CGNって今のところ問題ないですか?
バグとか、