entry

「GTA4」クリア、グラフィックに”高さ”がある世界

date: 2012/04/11 18:00
|

購入から約2年半、ようやく「Grand Theft Auto IV」をクリアしました。
全体的にはとても楽しめました。反社会的な「移民が見たアメリカの闇」の体験は、GTA4という”ゲーム”であっても「楽しい」と言い切るのに躊躇ってしまうほど強烈で壮絶なものでしたが。

メインストーリーを漫然と進めていると、キャラクターに感情移入する前にどんどん殺さなくてはいけないため、正直言ってクライマックスシーンでもあまり感動できませんでした。この辺はもっとサブミッションを積極的に受けたり一緒に遊んだりしていればよかったかなと後悔。
ずっとジェイコブと遊んでいたから他が疎かに……。


プレイしていて一番感動したのは、結局グラフィックでした。
以前のPCでは設定を下げてプレイしていたこともあり、スペックを馬鹿食いする割に他のゲームと比べて優れているとは思っていなかったのですが、今回設定を上げてみて愕然としました。

あまりオープンフィールドのゲームをプレイしたことがなかったのですが、「Fallout 3」や「Test Drive Unlimited 2」と比べると高い建物が目立ち、時間帯によって影の印象が異なっています。
例えば島の間に架かっている吊り橋や、鉄道の高架が生み出す影は、都市の景観として非常にリアルだと感じます。
GTA4の舞台であるリバティーシティーを歩いていると、他のゲームはどれも横方向にばかり広大で、縦方向に対して高い密度を有する構造物が少ないことに気づかされました。

とりあえず一通りプレイして満足したので、後はグラフィック関係のModを入れてスクリーンショットや動画を撮ってみようかと考えています。

関連する記事