entry

「DLC Quest」レビュー、DLC商法への痛烈な皮肉

date: 2012/03/16 15:38 | update: 2013/03/19 13:47
|

ゲーム冒頭のプレイ動画を撮影しました。

現在開催中の「Indie Royale: St.Patrick’s Day Bundle」に含まれている、「DLC Quest」のゲームデザインが非常に面白かったので紹介します。
ゲーム自体はオーソドックスな横スクロールアクションなのですが、様々な要素をDLC(と呼ばれるゲーム内アイテム)として購入しなければ先に進めない仕掛けになっています。
本作はその不便さ・理不尽さを、いわゆる「DLC商法」への痛烈な皮肉として表現した、メタ的なゲームなのです。

「DLC Quest」は元々、昨年11月にXbox Liveインディーズゲーム(XBLIG)でリリースされたゲームで、当時からインディーズゲームファンの間で注目されていて、個人的にも気になっていた作品でした。
今回、Indie Royaleのバンドルに含まれているものはWindows版とMac版なので、Xbox 360を持っていない自分にとっては非常に嬉しい展開になりました。


現実の「DLC」と、DLC Questの「DLC」では、意味が異なる

現実における「DLC」とは

ご存知のとおり、「DLC(Downloadable Contents; ダウンロードコンテンツ)」は近年一般的になってきたゲームコンテンツで、マップやシナリオ、あるいはキャラクターやアイテムなどの追加要素を提供する仕組みのことを指します。無料で提供される場合もありますが、大抵は元となるゲームソフトの何分の一かの価格で有料配信されています。

DLCの一番の利点は、新しい要素によってゲーム寿命(楽しく遊べる時間)が延長されることでしょう。続編や他のタイトルをフルプライスで購入するよりは格段に安く、自分が気に入ったゲームの世界をさらに満喫できるわけです。
その一方で、最初のリリース時点から含めておくべき普遍的な要素や、ゲームバランスを崩壊させるアイテムなどをDLCとして切り売りしているケースがあり、批判の対象になることもあります。
おそらく皆さんの中にも、ユーザーを置いてきぼりにされる販売戦略を目にして(商売っ気を根本から否定する気はなくても)憤りを感じたことのある方が多いことでしょう。

DLC Questにおける「DLC」とは

「DLC Quest」のゲームは、断り書き(disclaimer)からはじまります。
曰く、「このゲームは風刺であり、劇中に登場する『DLC』は実際のものとは異なり、ゲーム内のコインで購入できます」と。

ゲーム中に出てくる「DLC」という言葉は、一般的なゲームにおける「アイテムやスキル」といった類のもので、つまるところ「このゲーム単体で全部の要素を楽しめるから安心してね」と言うのです。

いざ、DLC Questの世界へ

たった数秒で理解できるバカバカしさ

「姫が悪者にさらわれた! 右方向に助けに行かなくちゃ!」

非常に雑な入り方ですが、真に驚くべきはそこではありません。
なんとプレイヤーキャラクターが「右にしか移動できない」「ジャンプが出来ない」「歩行アニメーションが付いていない」、そして「ポーズができない」「BGMがない」のです。

もうお分かりでしょう。
それらゲームの普遍的な要素すらも、商人から「DLC」として購入しなくてはいけないのです。

「PAUSE MENU PACK」や「ANIMATION PACK」といった具合に、DLC顔でもっともらしく「~PACK」と語尾に付けられていることや、説明文の最後に毎度「THERE ARE NO REFUNDS FOR THIS ITEM.(返金不可)」と書かれていることにも笑わせられます。

制作・販売側だけではなく、プレイヤー側にも問いかける

冒頭を紹介しただけでお分かりのとおり、本作はDLC商法を揶揄する内容になっています。これはもちろん制作・販売側に対する皮肉です。
しかしそれと同時に、DLC商法に飲み込まれてしまったプレイヤーに対する嫌味も感じられます。「ゲームを楽しむためにDLCを購入」しているはずが、いつの間にか「ゲームそっちのけでDLCを購入しまくる」プレイヤーに対する皮肉。
それはまるで、ゲーム内のDLCを購入するために血眼になってコインを集め続けるキャラクターのようだ、と言いたいのかも知れません。

素晴らしい発想のオススメゲーム

バカバカしいDLCの数々に、抱腹絶倒間違いなしです。
また洋ゲーに詳しい人ならば、各DLCのタイトルや説明文、キャラクターたちの会話にニヤリとさせられる部分が多々あることでしょう。
是非プレイしてみてください。オススメです。

この「DLC Quest」が含まれたインディーズゲームバンドル「Indie Royale: St.Patrick’s Day Bundle」の販売は来週火曜日までとなっています。
また、単体で販売しているDesuraでは166円(相場により変動)で購入できます。

関連するリンク

関連する記事