archive: 2012/01/25

Skyrim放浪記 第25話: 闇の親善大使

date: 2012/01/25 18:00 | update: 2012/01/29 15:59
|

この記事にはゲームストーリーのネタバレが含まれる場合があります。

ウィンターホールド大学での騒ぎからおよそ一ヶ月後。
様々な残務処理を経て大学は落ち着きを取り戻し、自らは名実共にアークメイジとしてふさわしくなれるよう修行を積むことができた。
アンカノの行動はサルモール……つまりアルドメリ自治領の総意だったのか、自身の力ほしさに暴走したのかは未だにわからない。
かの国からは結局新しい顧問を充てがわれることはなかったし、帝国議会直属のサイノックも特に何もしてこなかった。

スカイリムを2つに分けた戦争はウルフリック・ストームクロークを取り戻して少しストームクローク軍が盛り返したけれど、ドラゴンが各地で暴れてるせいで戦況は基本的に停滞中と見える。そしてこの停滞状況をあえて作ったのがサルモールだという疑惑もある。
ブレイズであるデルフィンさんと綿密に計画していた、サルモール大使館のパーティ潜入計画の実行日が近づいていた。サルモールとドラゴンのつながり、そして運がよければアンカノとサルモールのつながりもこの作戦で見つけることができるだろう。

続きを読む