archive: 2011/11/16

Skyrim放浪記 第3話: 古代遺跡に眠るもの

date: 2011/11/16 18:00 | update: 2011/12/19 01:47
|

この記事にはゲームストーリーのネタバレが含まれる場合があります。

マジックハンターになろう……。
そう決意し、大量のスペルブックを徹夜で読み漁り、インスタント魔道師は完成した。
しかしながら付け焼刃の魔法を行使するにあたってそのリソースとなる魔力が圧倒的に不足している。
主力のアイススパイクは強力な攻撃魔法だが、数発撃てばすぐに魔力は底をつく。

そこでオブリビオン界から魔法の剣を召還する「Bound sowrd」を習得した。これは移動中に召還するだけで召還魔法の技術を鍛錬することが出来る便利な魔法だ。
また一度呼び出せば片手剣として利用できるのもいい。この剣で殴っても筋肉ばかりが発達するということだけがやや気になるが、大した問題ではないだろう。

もう一つは当初の路線どおり弓を使うことにした。毒を塗って使うこともできるしな……今日の冒険の準備はこれで整ったといえよう。もう死角なんてどこにもない。

続きを読む