entry

今回のHumble Bundleは「Frozen Synapse」です。すぐに買いましょう

date: 2011/09/29 10:51 | update: 2011/10/03 08:42
|

Pay-What-You-Want (PWYW)」方式の「Humble Bundle」に、「Frozen Synapse」が登場しました。……と言われても、聞きなれない言葉が多くてなんのこっちゃという人が多いと思うので、記事後半で簡単に紹介します。

この「Frozen Synapse」はとても面白いインディーズゲームです。自分が今年プレイしたの中でもかなり楽しめたゲームなだけに、是非この機会に盛り上がってほしいと思っています。
このキャンペーンは今日から2週間限定で10月13日まで行われます。お早めにご購入ください。


なんのこっちゃ

Pay-What-You-Want (PWYW)

「PWYW」とはその名の通り、自分でゲームの購入価格を決められるシステムのことです。下は1セントから上は(事実上)無制限に支払うことが可能で、言ってしまえば「言い値」で買えるわけです。これだけを聞くと「うはwww1セントで買えるwwwめっちゃラッキー」という認識の人もいるかと思いますが、裏を返せばこのキャンペーンはあなたの良心を試されています。どうか制作者のことを考えて常識的な価格で買ってください。

Humble Bundle

「Humble Bundle」は、過去3回インディーズゲームのセットをPWYW方式で販売してきたキャンペーン(とサイト)の名前です。
過去に対象になったゲームの中には、World of Goo・Machinarium・Trine・VVVVVVなど、インディーズゲーマーにはお馴染みのタイトルも含まれていました。
また、送られてきたキーコードがSteamなどのデジタルディストリビューションサービスに登録することが可能なことも、多くのプレイヤーにとっては魅力的な点と言えるでしょう。

Frozen Synapse

今回のキャンペーンの目玉商品です。ただ、このブログでも以前に取り上げたことがありますが、またえらく説明しにくいゲームでして……。
端的に言えば、見下ろし型視点で歩兵(兵科は少ないながらもいくつかある)を操作し、敵兵を一掃するターン性ストラテジーです。モードにもよりますが敵は味方が視認しないと場所がわからないので、敵の位置を予測し壁や障害物を利用して味方の射線を優位に保ちます。
シングルでのAI戦もいいのですが、マルチモードで「お前の兵士、どこに行った?」「そこにいたのかよー!」というような駆け引きがとても楽しいです。
Steamにはデモ版(シングル限定)もあるので是非プレイしてみて、気に入ったら購入してください。ちなみにこのキャンペーンにオマケでついてくるサウンドトラック(定価で買うと6ドル)もかなりカッコよくてオススメです。

購入方法

Humble Bundle」でのゲームの購入方法を解説します。

1. 金額
金額を選択する。
「Custom amount」をチェックするとフリースペースが表示されるので、希望額を入力します。
ちなみにFrozen Synapseは定価25ドルで、Steamセールでは半額の12.5ドルになったことがあります。インディーズゲームの定価としてはかなり高い方です。
全体の平均額(現時点では4.49ドル、少しずつ上昇中)を超える金額で買うと、Frozenbyteのゲームが特典として付いてきます。
2. 金額の送付先
購入額を割り振りして、ゲーム開発者だけではなくチャリティーに寄付することが可能です。
「Frozen Synapseに全額入れたい!」という人はFSのスライダーを一番右まで引っ張ってください。
3. メールアドレス
メールアドレスを入力する。※間違えないように!
ここで入力したアドレスにURLが送られてきます。
4. プレゼント
誰かにプレゼントしたい場合はここにチェックを入れる。
プレゼント用のURLが3のアドレスに送られてくるので、それを改めて自分でフレンドに送ります。
5. 購入方法
Paypal、Amazonpayments、Google Checkoutが利用可能です。

Steamへの登録方法

  1. メールに書かれたURLを開く。
  2. 「Steam, Desura, OnLive and Direct2Drive」をクリックして開き、Steamタブを選択する。
  3. 「Humble Frozen Synapse Bundle」の下にあるSteamボタンを押すとキーコードが表示される。
  4. Steamクライアントの「ゲーム」→「Steamで製品を有効にする…」を開き、規約を読んで「同意する」をクリック。
  5. 「製品コード」の欄にキーコードを入力します。

関連するリンク

関連する記事