archive: 2011/09/03

「CoD:WaW」でちょっくら日本兵に「貴様は強くない」と言われてくる

date: 2011/09/03 18:00 | update: 2011/11/24 15:44
|

Steamで「Call of Duty」シリーズのセールが行われていたので、プレイしたことがなかった「Call of Duty: World at War」を購入しました。
CoD:WaWはCoDシリーズとしては(外伝的作品を除くと)5作目で、現実の時間的には「CoD4 (MW1)」と「MW2」の間の2008年末にリリースされました。ちなみに日本版は発売されていません。
ご存知のとおりCoDシリーズは販売元はActivisionですが、開発はInfinity WardとTreyarchの2チームが交互に担当しています。今作はCoD3とCoD:BOを作ったTreyarchの当番回です。

注目すべき点は「太平洋戦争」を収録しているところで、敵として日本兵が登場します。
もちろんこれはゲームであり、さらに戦勝国が作っていることを理解しているので、演出や描写のすべてを鵜呑みにすることはありえませんが、「天皇陛下万歳」と叫びながら銃弾をかいくぐり突撃してくる日本兵には複雑な気持ちになります。
プレイすればするほど、兵器の質の差・兵士の量の差を思い知らされるのです。