entry

レースゲームが好きならば、「Driving Force GT」を今すぐ買うべし

date: 2011/08/30 18:00
|

ねんがんの ハンドルコントローラーをてにいれたぞ!

というわけで紆余曲折ありましたが、ようやく「Driving Force GT」を使ってレースゲームを遊ぶことができました。
最初のうちはフォースフィードバックと呼ばれるステアリングの抵抗や、アクセルとブレーキのスプリングテンションに慣れず苦戦しましたが、ゲーム内でセッティングをいじったり設置位置を工夫したりしているうちに少しずつまともなドライビングができるようになりました。プレイし終わった後は腕と足が疲れてダルダルになってしまいましたが……。


楽しい。この一言に尽きます。
宙へと浮いたときに急にステアリングが軽くなることや、ダートとターマックでの重さの違いなど、今までパッドではわからなかった情報が手から伝わってくる感覚は新鮮です。
ゲームパッドにある左右のスティック以外のボタンはすべて揃っています。また、ハンドルの裏にはパドルシフト(と呼ぶには少し小さいボタン)がついているので、本体右側についているシーケンシャルシフトを操作するためにハンドルから手を離す必要はありません。

ところで気になる対応具合ですが、新しいゲームならば大体ゲーム内にDFGTのプリセットがあるので、それを選択してやればOKです。
ただF1 2010のようにゲーム内でキーバインドをいじれないソフトは、気になる部分を自分で直にコンフィグをいじる必要があるので少し面倒かもしれません。
また、TDU2に関してはちゃんと検出されるものの、マップを使った移動やカーディーラーでの自分の移動がDFGTだけではボタンが足りないので、キーバインドを工夫するかマウスやキーボードを併用する必要があります。
この辺はDFGTの問題点というよりは、ゲームデザインの問題なのでうまいこと切り抜けましょう。DFGTはメジャーなコントローラーなのでウェブ検索すればきっと解決策が見つかるはずです。

Logitech ロジクール ドライビング フォース GT 北米版

レースゲームが好きで、PCかPS3のユーザーならば買って絶対に損はないです。
価格は高すぎず、それでいてフォースフィードバックや簡易パドルシフトなどの機能がしっかりついているので、未経験の人が初めて触るならばこの「Driving Force GT」がベストチョイスなはずです。

人気があるため、国内では品薄の状態が続いています。Amazonではマーケットプレイスでアメリカから輸入したものを中継して発送しているようです。割高になってしまいますが、購入の選択肢が少ないので、欲しい人はこの方法が基本でしょう。

関連する記事