entry

もうひとつのトゥームレイダー「Lara Croft and the Guardian of Light」

date: 2011/07/20 20:11
|

Steamサマーセールのときに3.75ドルで買っておいた「Lara Croft and the Guardian of Light (Lara Croft GoL)」をプレイしました。
このゲームは女性冒険家ララ・クロフトを主人公とする「トゥームレイダー」のシリーズ作で、見下ろし型視点で敵を倒し、時にはフィールド上にある謎解きもこなしていく、良くも悪くも典型的なアクションアドベンチャーになっています。
販売方式がSteamをはじめXBLA・PSNなどダウンロード専売となっていることや、タイトルにトゥームレイダーの文字とナンバリングが入っていないことから察するに、GoLは外伝的な作品のようです。

こういう洋ゲーは大抵、テンポが悪いか操作性が悪いか、敵が硬すぎたりエイミングに難があったり、どこかしらバランス調整に問題があるものだと身構えていました。
しかしプレイを始めてすぐに、操作レスポンスのよさに驚かされました。
パッドで操作してみたのですが、(ある程度自然な範囲で)エイミングアシストがきいていてストレスがなく、前転やジャンプなどの回避からスムーズに敵を倒す爽快感が味わえます。
当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、実際にこういった繊細なゲームバランスをこのレベルで実現しているゲームは、残念ながら他に中々ありません。
まだまだはじめたばかりでストーリーや謎解きのレベルなどを把握できていない状態ですが、「操作の楽しさ」という一点だけでも買ってよかったと考えています。

正直最初は3分くらいで飽きて積んでしまうのではないかと思っていたのですが、気づけば黙々とシングルを1時間以上プレイしていました。とても楽しく、テンポ良く進んでいきます。
2人でCo-opもできるようなので、今度はそっちにも挑戦する予定です(チラッ)。

関連する記事