entry

「LoL」ビルドのチートシートを作ろう

date: 2011/04/20 18:46
|

「League of Legends」のチャンピオンは総勢70体以上もいてついつい目移りしちゃいますし、Draft方式ならカウンターピックをする必要があるなど、毎試合同じチャンピオンを使うという人は稀でしょう。
そうやって普段めったに使わないチャンピオンを久々に選んだとき、「あれ、どういうビルドでプレイするんだっけ?」と焦ることも多いはずです。

MOBAFire」や「Leaguecraft」では、ユーザーがビルドガイドを投稿することが可能です。
特に「MOBAFire」ではビルドの大事な要素である「ルーン・マスタリー・サモナースペル・アイテム・スキルオーダー」を視覚的にわかりやすくまとめることが可能です。
今回はこのツールを使って「チートシート(カンニングペーパー)」を作ってみましょう。


ユーザー登録していない状態でもビルドガイドを作ることは可能ですが、後から編集することができないので、将来的に多用する予定があるのであれば登録してしまったほうがいいと思います。

  1. ビルドツールを開く(Tools→Create Build/Guide)
  2. 「Build Name」を入力して、「Add Champion」からチャンピオンを選ぶ(1ページのビルドガイドで敵味方計10体分のビルドを保存できるようです)
  3. ルーン・マスタリー・サモナースペル・アイテム・スキルオーダーを選択
  4. 右下にある「Guide Setup」メニューの「Save」を押して保存
  5. 保存すると表示される「View」でビルドガイドを確認

「Save」を押したビルドガイドは、自分しか見ることができないようですので安心してください(ただし「Publish」を押すと全世界に公開されるので注意してください)。
これで自分のビルドのチートシートが完成です。必要なときに「サッ」と確認できるように、ブックマークに追加するとか自前でスクリーンショットを撮るなどしておくといいでしょう。
また、ユーザー登録している場合は、「View Profile」→「MY BUILDS」から保存したビルドを確認・編集することができます。

最初にも言ったとおり「ビルドのチートシート」は備忘録としても有用ですが、参考にしたビルドを自分にあわせて少し変更した場合や、異なるビルドの比較・評価、フレンドに教えてあげるときなど、さまざまな場面で便利なはずです。
是非活用してみてください。

関連するリンク

関連する記事