entry

タワーオフェンス「Anomaly: Warzone Earth」デモ版

date: 2011/04/17 15:17
|

4月9日にリリースされたインディーズゲーム、「Anomaly: Warzone Earth」のデモ版をプレイしました。
バグダッドと東京に飛来した謎の物体を調査するため、プレイヤー率いる第14小隊がドーム型の「Anomaly(アノマリー)」に突入するというストーリー。
特筆すべきはゲームジャンルで、いわゆるタワーディフェンス(TD系)とは逆に、あらかじめ決められたルートを一定のスピードで進軍していくという、言うなれば「タワーオフェンス」といった感じになっています。また、敵ユニットの配置や障害物を考慮して、進行ルートを後から修正してやるという新しいゲーム性も生まれています。


プレイヤーは味方ユニットを修理したり、敵の攻撃を撹乱したりと、戦場を徒歩で(!)移動します。
味方ユニットの攻撃は基本的にオートなので、とにかく味方の損害を減らすようにルート選択したり、ダメージが大きいユニットを急いで修理したりと世話焼きに集中できます。

価格は9.99ドルとインディーズゲームの相場で、この内容なら文句なしでしょう。
グラフィックもインディーズゲームとしてはかなり頑張っている印象で、何よりインターフェイスデザインがわかりやすい上にカッコイイというのもポイントが高いです。

関連するリンク

関連する記事