entry

「League of Legends」プレイ動画(Amumu編)

date: 2011/03/07 21:00 | update: 2011/03/10 18:08
|

チャンピオン Amumu
バージョン v1.0.0.112
撮影日 2011/03/06

Dxtoryの録画設定を調整して、「LoL」のプレイに支障が出ないようになったので、これからちょくちょく動画をアップロードしていきたいと考えています。
ついでにそのチャンピオンの特徴などを、このブログで補足していく予定です。

先日の「Jarvan IV」に続いて取り上げるのは、個人的に一番愛着があって使用頻度も高いTankの「Amumu」です。


今日のLoL #2 (Amumu)

「Amumu」のいいところは、複数人を瞬時に拘束できるUltや割合ダメージで削るスキルなど、超が付くほど優秀な範囲攻撃方法を持っているTankであるという点にあります。
最前線で敵に飛びついて動きを封じることが可能で、チームプレイが特に重要なLoLにとっては、不利な形勢を逆転させるほどのポテンシャルを秘めたチャンピオンと言えるでしょう。

弱点は、逃げ性能が低いことと、瞬間火力が低いこと。
方向を指定する必要があるBandage Toss (Q)は、移動スキルとしてもNukeスキルとしても優秀ですが、とっさのシチュエーションでしっかり当てるというのはなかなか難しいものです。
これ以外のスキルはどれも一発の火力が低い上に、Amumuの通常攻撃ダメージも有って無いようなものなので、1対1で勝つには相応の経験と運が必要です。

結果、味方の信頼をいち早く得て、キルをサポートするTankらしい役に徹する必要があります。

さて、「AmumuはLaningが弱いからJungleに行くべきだ」というビルドガイドを時々見かけますが、Amumuをよく使う身からするとむしろ逆の印象を持っています。
AmumuのJungleこそ周回コースを読まれやすく、敵Junglerに遭遇あるいは先取りされていた場合は立て直すことが困難です(むしろ敵がAmumu Jungleのときに邪魔しに行かないチームの方が最近では少ないでしょう)。
序盤はラストヒットも取りにくい上にハラスされ放題ですが、大人しくMRルーンを持ってレーンで下積みをしていたほうが安定すると思います。

関連する記事