entry

YouTubeへの15分以上の動画投稿が可能に

date: 2010/12/16 18:00
|

7月末に動画時間制限を10分から15分に延長したばかりのYouTubeですが、規約違反歴のないユーザーに対してこの制限を解除することになったようです。
この制限解除は段階的に行われているようで、今日アップロードページを開いてみたところ、

Congratulations! Your account is now enabled for uploads longer than 15 minutes. Click the Upload button below to select a video.

YouTube – 動画のアップロード

という文言が画面上部に書かれていました。この件に関するニュースを見たのはたしか2日ほど前でしたが、自分と同じように「気づけば解除されていた!」という方も多いかもしれません。

今回制限が解除されたとはいえ、投稿可能な動画ファイルサイズの最大は2GBのままのはずなので、HDサイズで高画質にしようとすると、必然的に時間の最大値も決定されるはずです。
試しに最近撮影した「LoL」の試合動画をノーカットでアップロードしてみました。動画のビットレートは2Mbps(音声は192Kbps)、長さは30分弱でファイルサイズは500MB程度となっています。

YouTubeはどうやらサーバー側で2Mbpsあたりにエンコードしなおしているようで、再生時間の長い動画を投稿するとその分だけ処理時間も長くなります(投稿直後から処理中の荒い画質で視聴可能ではありますが)。
これはマイナス面というよりは仕様上仕方のないことなので、理解して活用する必要があります。

YouTube最大の弱点であった時間制限が解除されてさらに便利になり、LoLのように一試合が長いゲームの動画もこれから増えていくのではないでしょうか。

関連するリンク

関連する記事