archive: 2010/11

「DiRT 2」がSteamでセール、今だけ5ドル

date: 2010/11/30 18:00 | update: 2012/02/05 11:43
|

SteamのGive & Getセール最終日、ついに「DiRT 2」のセールがやってきました。
DiRT 2は以前にも75%オフセールがありましたが今回は定価が下がっていることもあってなんと5ドルという超破格でお求めやすくなっています。

通常は舗装されたサーキットを走ることが多い中、自然豊かなオフロードコースを繊細な車体コントロールで駆け抜けていく爽快なレースゲームはDiRT 2以外にはなかなかありません。

マルチプレイヤーモードでは最大8人でオンライン対戦が行えます。ラリー以外にも規定周回数をこなしたり区間ラップを競ったり、あるいは障害物を通過していくルールなどが数種類用意されているので、是非みんなで楽しんでみてください。

関連するリンク

「マイクラどうでしょう」を再編集した「How do you like Minecraft? 」を公開

date: 2010/11/29 19:44 | update: 2010/12/06 17:47
|

ニコニコ動画で公開しているMinecraftマルチモードのプレイ動画「マイクラどうでしょう」シリーズを、一般向けに再編集してYouTubeで公開しました。
最初のうちは日本だけではなく海外のユーザーにも見てもらうために音源の変更や表示テンポの微調整、英語字幕のサポートを考えていたのですが、英訳するところまで気力が回らなかったので日本語音声・字幕のままになっています。YouTube側で字幕(captions)機能が用意されているので、今後気が向いたら書き加えるかもしれません。

また昨日もお伝えしたとおり、ここ数日マルチモードのアップデートや常設サーバーが立ったことで身内でもMinecraft熱が再燃し、合計9時間ほどの動画ストックを確保できました。まだすべてをチェックしきれていませんが、おそらく1回分(10分程度)の新作をお届けできそうです。
以前もお話したとおり、作業量の膨大さを考えると定期的に新作を公開することは厳しいので、マイどうシリーズ復活ということではなく一夜限りの特番という感じでご理解お願いします。

今週中には公開する予定です。ご期待ください。

「Minecraft」マルチに、ついにクリーパー出現!

date: 2010/11/28 19:20
|

今まで「Minecraft」のマルチプレイヤーモードでは、基本的に敵の攻撃・落下や地形によるダメージを一切受けない(逆に与えることもできない)という仕様だったのですが、24日頃のアップデートでついにダメージが実装されました。また同時に、爆発して周囲の地形を一変させることでお馴染みの「クリーパー」が出現、早速猛威を振るっています。
これでマルチプレイヤーモードもシングルにかなり近づきました。まだ被ダメージによるエフェクトがなかったり、クリーパーの「シュー」という独特な警告音や爆発音がなかったり、モブを倒しにくかったりと細かい不具合は残っていますが、これもそのうち修正されると思います。
複数人いるときの開拓の驚異的な速さはやはりマルチならではだと思うので、シングル専の方もこの機会にぜひフレンドと一緒にマルチでプレイしてみてはいかがでしょうか? 他人の建築センスや整理整頓スキルなどを見たり、クリーパーによる自爆テロの無慈悲さに言葉をなくす瞬間を共有したり、かなり楽しいですよ。

今までは個人のPCで、みんながプレイするときにだけサーバーを立てていましたが、sousuke(nunusuke)さんが常設サーバー(24時間稼動)を立ててくれました。ここ数日は本体がアップデート続きだったり、接続関係でうまくいかなかったりという数多くのトラブルがあった中で、ついに安定稼動までもっていってくれました。本当にありがとうございました!
今後、基本的に身内でプレイするときにはこのサーバーを利用することになると思うので、みんなsousukeさんに感謝しながらプレイしましょう。IPなどはMF-2のmumbleなどで直接聞いてください。

なお、このサーバーは現在のところ、保守上の理由から一般公開はされていません。ご了承ください。

「金曜日、キライ。」の謎

date: 2010/11/27 13:05
|

連日開催されているSteamの「The Give & Get Sale」は楽しんでいますか?
そんな今日のSteamのトップページには「金曜日、キライ。」というキャッチコピーが表示されています。

何のことかさっぱりわからないので原文を見てみたところ、「For me, every Friday is black.」となっていました。意訳すると「俺にとっては、金曜日にはいつもウンザリさせられているぜ」といったところでしょうか。見るからに皮肉屋っぽいこのキャラクターが言いそうな感じではあります。
ちなみにフランス語では「J’aime pas les vendredis. (I don’t like Friday; 私は金曜日が好きではありません)」となっていて、こちらは日本語翻訳版の「金曜日、キライ。」に近い印象です。

これはおそらく「ブラック・フライデー(Black Friday)」にかけたジョークでしょう。ブラック・フライデーとは毎年11月の第4木曜日に行われる「感謝祭(Thanksgiving Day)」の翌日のことで、クリスマスギフトに向けて消費が増えて小売店が黒字になるためこう呼ばれているそうです。
あるいは、「Steamは(週末セールのおかげで)毎週黒字(black)だ」という意味もこめられているのかもしれませんね。

関連するリンク

下町メイドの日常「それでも町は廻っている」

date: 2010/11/26 19:00
|

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)

現在アニメ化もされているマンガ、「それでも町は廻っている」を読みました。友人から強くプッシュされたので読んでみたのですが、面白い!
この作品は下町にある簡素な喫茶店に無理矢理「メイド」というギミックを導入した名ばかりのメイド喫茶を舞台に、女子高生・嵐山歩鳥とその周囲の人間の日常・非日常が展開するギャグマンガです。「ギャグ」といっても、よい意味で日常的で自然と笑みがこぼれるような、繰り返して読める良質なストーリーです。

1話ごとの起承転結もよく、冒頭に提示された謎は推理パズルのようにぴったりとオチで理解できたときは、純粋に楽しいと思うよりも早く「なるほど、うまいな!」と感心してしまうほどです。また話数をまたぐさりげない伏線もあって(例えば、おまわりとの激突シーンの背景に紺先輩がいたり、温泉土産が後に凶器になったり)、再読したときに発見する喜びもあります。

既刊は7巻で、もうすぐ8巻目がリリースされるそうです。とてもオススメです。

Wishlistに何入れた?

date: 2010/11/25 23:07
|

Wishlist(ほしいものリスト)に入っているゲームをSteam御大自らプレゼント爆撃してくれるという企画が開始されています。わずかな可能性に淡い期待を抱きつつ、ほしいものリストにゲームを突っ込んでおきましょう。

関連するリンク

再生野菜、豆苗(とうみょう)

date: 2010/11/24 18:00 | update: 2010/11/24 23:01
|

値上がりで野菜不足になりがちな昨今、98円でスーパーで売られていた豆苗(とうみょう)を買ってみました。豆苗というのは「エンドウ」の新芽(スプラウト)のことです。
つまり、この後成長していくと種子を保護するやわらかい莢(さや)は「サヤエンドウ」に、さらに未熟な種子は「グリーンピース」になります。

豆苗は鮮やかな緑色をしていて、見た感じや食感は「水菜」に似ています。鍋料理や炒め物などに向いているので、使い勝手は「もやし」に近いでしょうか。
個人的には豆の風味が残っているのに青臭さは感じられなかったので、もやしよりも気に入りました。

味もよかったのですが、それより興味深いことにこの豆苗、根の部分を水につけておくと再生して、また食べられるようになるとのことです(ピッコロ的な意味で)。
1日1回(夏場は2回)水を替えてやることで大体1週間程度で再び成長するそうです。しかも2~3回も……。さらに土に植え替えて育てると、ちゃんとサヤエンドウになるとか。
正直半信半疑ですが、これから1週間、この経済的な再生野菜の成長を見守っていきたいと思います。

Steamで「TDU2」の予約開始

date: 2010/11/23 19:13
|

今年9月に発売が予定されていたものの直前に延期された「Test Drive Unlimited 2」のSteamでの予約が開始されました。
ところでTDU2の予約といえば、ダウンロード販売・パッケージ販売サイトごとに異なる予約特典を用意していることが話題になっていました。気になるSteam版の特典は、(ゲーム内で)「Pagani Zonda Tricolore(パガーニ・ゾンダ・トリコローリ)」がもらえるとのことです。

http://www.youtube.com/watch?v=yPEg1dZwSQ8

発売予定は2011年1月、価格は39.99ドル(恒例の予約購入割引はないようです)、現在のところ日本からも購入可能なようです。

関連するリンク

「Minecraft」にミニマップを表示するMrMMods

date: 2010/11/22 19:03
|

「Minecraft」のグラフィックは、言ってしまえば「10年以上前のゲームか!?」というくらいのレベルではありますが、今のところはゲーム性にマッチしていて個人的には気に入っているためテクスチャーを入れ替えることはしていませんでした。ただModリストを見ていたところ、Ambient Occlusion(AO)を適用する「MrMMods」があったので試しに入れてみました。
AOというのは簡単に言うと自然な影をつける手法のことで、3Dゲームの中には同名の設定項目があるので知っている人も多いことでしょう。実際にMinecraftに適用してみると、同じ面でも光源に近い箇所は明るく、遠い箇所は暗くなっていることがわかると思います。

ちなみにこのMrMModsは複数のModが入っていて、画面右上にミニマップを表示させる機能を足すことも可能です。といっても上空からの風景をリアルタイムで表示するだけなので、洞窟の中で迷子を防止したいという人にはあまり向いていないでしょう。

インストール方法は少し特殊で、Modファイルを解凍してできたMrMPatcher.jarを起動し、まずは

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\.minecraft\bin\minecraft.jar

にあるオリジナルのminecraft.jarを選択します。Output側にはMod適用後のminecraft.jarが出力されるので、一時的に保存してやるのに適したわかりやすいフォルダを指定しておきます。
Optionsの4つの中から適用したいModを選んでチェックを入れて、Patchボタンを押します。
うまくいったら出力されたminecraft.jarを、上のパスにあるオリジナルに上書きするだけです。

ちなみにアンインストール方法は、minecraft.jarを消してゲームを起動しなおすだけで大丈夫です。新しくキレイなminecraft.jarが再ダウンロードされます。あるいは同じパスにあるminecraft.mrmbackup.jarをリネームすると、このModを適用する前のバージョンに戻せます。

関連するリンク

木片を緊縛調教する「Zen Bound」

date: 2010/11/21 19:33
|

Steamで取り扱いが開始されたことで、「Zen Bound 2」が少し話題になっています。今回はその前身、iPhoneアプリ版の「Zen Bound」をプレイしました。
複雑な(あるいはシンプルな)構造の木片に縄を巻き、その縄で面に色をつけていくパズルゲームで、和のテイストも含まれています。わりと照明の当たる感じだとか、グラフィックデザインが好みの感じです。

関連するリンク