entry

TDで失敗した分はFPSで取り戻す「Sanctum」デモ版

date: 2010/06/14 19:51
|

UDK版がリリースされた「Sanctum」のデモ版をプレイしました。
このゲームは、FPSとタワーディフェンス(TD)を融合したシングルプレイのゲームになっています。


橋の上に防衛施設を設置し、迫り来る敵を迎撃するというTDが基本ですが、撃ちもらした敵は自前の武器(スナイパーライフルとアサルトライフル)で始末できるFPSの側面も兼ね備えています。「FPS+RTS(TD)」といえば「Iron Grip: Warlord」を思い出しますが、「Sanctum」では防衛施設の設置ターンが決められているので、一度敵が襲撃してきたら目の前にあるものだけで対処するしかありません。

Unrealエンジンを使ったキレイなグラフィックとシンプルな操作性やインターフェイスデザインは、すでに完成されている印象を受けました。まだデモ版ということで、マップが一本道であることや武器が少ない点などからすぐに飽きてしまいますが、製品版にかなり期待が持てる内容になっています。
それにしてもIG:Wもそうでしたが、「FPS+TD」というジャンルはユニークであるとともに非常に面白いですね。「Sanctum」のマップがもっと複雑になり、マルチプレイが可能になったらきっとすごく盛り上がるのだろうと感じました。

関連するリンク

関連する記事