entry

「Vigil – Blood Bitterness」という夢、夢の終わり。

date: 2010/01/20 18:00 | update: 2010/02/18 05:11
|

「Vigil」が神ゲーだというのは、「Vigil」に関する事実の中でも最も有名な嘘である。

3度目の正直とばかりに挑戦してみた「Vigil – Blood Bitterness」ですが、もはや恒例行事となったクライアント落ちのため3度目の挫折と相成りました。
操作難で有名なTale of Tales作品で養ってきた「忍耐」も、Vigil先生の前には無いも同然でした。

今回唯一の収穫は、Alt+Enterキーでフルスクリーンからウインドウモードに切り替えられることに気付いたことくらいでしょうか。しかも、ウインドウモードだとちゃんとムービーが再生されます。
ただし、再起動したらまたフルスクリーンになってしまいますが。

「Vigil」は単体での販売はされていませんが、デモ版がリリースされているので興味がある人はチェックして後悔してください。

関連するリンク

関連する記事

4 responses

gusu /#429

date: 2010/01/20 18:09:01

ウインドウ化初めて知ったww
っていうかこのゲームここまで不安定だっけww

bami /#430

date: 2010/01/20 19:19:48

サウンドループで落ちちゃった。

お祈りのシーンの、大音量ウィスパーボイスで耳がお亡くなり状態です。
ミオワッターンカナシイノー、ミオワッターンカナシーノ。

SSV /#434

date: 2010/01/21 01:25:18

純粋に怖い
これを世に送り出せるその神経が

bami /#442

date: 2010/01/21 11:46:31

このクオリティーなのに、ACT1を打開したgusuさんはもっと誉められるべき。