archive: 2009/09/15

意味不明過ぎて怖い「The PATH」

date: 2009/09/15 20:06 | update: 2010/02/07 16:29
|

thepath_01

「The PATH」は三人称視点の散策ゲームです。以前のインディーズゲームパックセール(World of GooやBraidとのセット)のときに買ったままだったので、少しだけやってみました。

6人の女の子の中から1人選び、おばあちゃんの家までおつかいに行きます。
実は、スタートしてからまっすぐの道を歩いて行くだけでおばあちゃんの家に辿り着くことができます。ただし、これではゲーム上は「失敗」となってしまうため、森の中を探索して色々なアイテムを発見したり、狼(これは比喩表現で、実際に動物の狼とは限らないそうですが)と出会ったりして、この世界の不思議を垣間見てから、おばあちゃんの家に向かわなくてはいけません。
操作性はかなり悪いですし、ストーリーもさっぱりわからないですが、雰囲気のあるゲームです。

thepath_02

thepath_03

thepath_04

thepath_05

thepath_06

thepath_07

どうしてこうなった……。
全然意味がわからない! 不気味! でも暗い魅力のあるゲームです。

毎日皆さんにお届けしている「許さないポイント」について

date: 2009/09/15 00:12 | update: 2009/09/15 16:26
|

ztnyrsn

この文章の「絶対に許さない」というのはあくまでネタです。やりこめられている側のイライラ感や、逆にゲーム内とはいえ一方的に加害している側の気まずさを、あえて冗談という形で口に出すことで場を和ませるためのものであり、本心から「絶対に許さない」と思っているわけではありません。このことを予めご理解ください。
でも許さないよ。

以下の行動をされた場合「許さないポイント」が加算され、めでたく10ポイント貯まった方には……。

絶対に許さない(+3)

  • ユーバーの準備が完了したときに殺された場合
  • スパイをキルして「スパイクリアー!」と余裕でVC報告した途端に、生き残ってたもう片方のスパイに殺された場合
  • スパイ・スナイパーに制圧を記録された場合

許さない(+1)

  • 味方のメディックを殺された場合(守れなかった自分も許せない)
  • 適当に撃ったと思われる矢で死んだ場合
  • ジョイン戦争で後から来たのに先を越された場合

許す(±0)

  • 入口テレポ粘着
  • 同じ場所へのセントリー設置
  • ガッカリユーバー

もう許した(x0)

  • クリッツ攻撃に吸い込まれるように当たってくれた場合
  • 直接狙っていなかったのに流れ弾の巻き添えでキルしちゃった場合
  • 人数調整でこちらのチームに強制移動してきた場合

さあみんなで今日も楽しくTF2!