archive: 2009/09

「Call of Duty: Modern Warfare 2」の発売前デモ版配信は、なしよ

date: 2009/09/30 00:00
|

11月10日に発売が迫った「Call of Duty: Modern Warfare 2」のデモ版配信予定は、発売前はないそうです。マキシマムガッカリ。
日本での発売が「スクウェア・エニックス」ということもあって、日本からSteamで買えるのかという時点から少し心配ですが、デモ版がなかったりパッケージ版しか手に入らなかったりしても、発売日に買おうと思っています。

関連するリンク

さすがに「Evony」の広告バナーは格が違った

date: 2009/09/29 00:00 | update: 2010/03/10 15:37
|

海外のサイト(特にゲーム系やデザイン系)を見ていると、最近はかなりの確率で「Evony」の広告バナーを目にします。女性の胸元を強調した画像に、「FREE」や「PLAY」などの単語が踊るこの広告。
クリックしたくなるかと思いきや逆に怪しすぎてスルーしている人が多いのではないでしょうか?

Evonyは「Civilization」系のオンラインブラウザゲームですが、今やこの広告倫理の件で有名になっています。

まともだった頃

evony_01

中世の雰囲気がよく出た、一目でゲームだとわかる広告ですね。

続きを読む

「Batman: Arkham Asylum」デモ版でヒーロー気分

date: 2009/09/28 00:00 | update: 2010/03/10 15:46
|

baa_01

「Batman: Arkham Asylum」のデモ版をプレイしました。
個人的に「バットマン」については、「バットマン」というキャラクターの名前と顔しか知らなかったのですが、そういう人でも十分に楽しめるようです。

続きを読む

独占スクープ! 今話題の「ゴルゴさん」の素顔に迫る

date: 2009/09/27 00:00 | update: 2009/09/29 08:55
|

golgo13_00

独占スクープ! ゴルゴさんの素顔!

golgo13_01

当ブログでは、現在MF-2サーバーでも話題沸騰、「驚異の16人中13人制圧」をやってのけたGOLGO13(ゴルゴさん・仮名)の単独インタビューに成功しました。

「taka、abe、GOLGO13、de?」など様々な名前を使い分け、「今、リベンジしたい男」ナンバーワンの超強敵……今日はそんなゴルゴさんの素顔に迫ります。
(写真は9月2日、絶望ヘビー工場のときに撮影。男は黙って後向きにサンドヴィッチ。格好良いですね)

続きを読む

Unreal Tournament vs. Unreal Tournament 3

date: 2009/09/26 13:08 | update: 2009/10/11 20:18
|

Unreal Tournament (1999年)

ut_01

ut_02

ut_03

Unreal Tournament 3 (2007年)

ut3_01

ut3_02

ut3_03

Unreal Tournament 3 (UT3)がセールになっていたので買ってみました。
初代Unreal Tournament (UT99)も$1.99とかなり安かったので、こちらも購入(今考えれば、素直にUnreal Deal Packを買えばよかったかな、と少し後悔しています)

こうして比較してみると、8年でグラフィックがここまで進化するのか、と驚かされます。
現時点では、このUT3に使われている「Unreal Engine 3」と、Crysisに使われている「CryEngine」が市場に出ている中では最高水準かと思いますが、今後の進化もすごく楽しみです。

関連するリンク

きょうのHuluさん

date: 2009/09/26 00:00
|

cp_no_mercy_b10013

MF-2サーバーのとあるカスタムマップ。
仲良く殺し合いをしているのが、Huluさんと新入りのbamiです。
新入りのbamiから頼れる先輩として慕われているHuluさん。
そんなHuluさんですが、ロケットジャンプから華麗にbamiをキルして挑発するかと思いきや……。
そう、パイロさんに燃やされ、セントリーガンに撃たれ、まさかの落下死。
これには目の前にいたエンジさんもびっくり。本人たちもびっくり。
いくつになっても爆笑を提供してくれる、Huluさんなのでしたー。

Huluさんはもう許した

date: 2009/09/25 00:00
|

cp_no_mercy_b10000

cp_no_mercy_b10002

pl_badwater0008

昨日と同じような状況でHuluさんを打開できたので、Huluさんはもう許しました。

pl_badwater0007

pl_badwater0010

cp_egypt_final0011

いや、やっぱり許さない……。

TF2で活躍したければまず、徳を積みましょう

date: 2009/09/24 20:00
|

virtue

MF-2のTF2チャンネルには、「許さないポイント」と対を成す概念として「徳」があります。
具体的に「徳を積む」行動とは、

  • メディックで味方を回復する
  • メディックでパイロにユーバーをかけるとき、敵SGの前に出て弾除けになる
  • パイロでスパイチェックを怠らない
  • VCで敵スパイ・スナイパー・ユーバー・SGの報告をする
  • 味方のメディックを身を挺してかばう
  • 味方のSGの前に立って敵の攻撃をブロックする
  • エンジニアを手伝ってSGを一緒にたてる
  • 故意に自滅してエンジニアにメタルを供給する
  • パイロかスナイパーで味方の火を消す
  • メディキットをメディックに譲る
  • テレポーターの順番をヘビーに譲る
  • 裏道のクリアリングを怠らない
  • 戻ってきているカートにワンタッチする

のように、ポイントにあらわれない(あらわれにくい)貢献をすることを指します。
こういう行動を常に心がけて徳が高い状態でいると、欲しいところでクリッツが出るようになったりユーバーをかけてもらえたりと、普段以上に活躍できるようになる……気がします。
これは当然、善行をすることで自分にも運気が回ってくるという思想的な意味合いもありますが、「さっきはこの人に助けられたから、今度は自分も助けなくては」というようにチームの雰囲気が良くなって、活躍するチャンスを増やしてもらえるというわけです。

ちなみに活躍しすぎると、敵の皆さんからもらえる「許さないポイント」が急上昇するので注意してください。

Huluさんが許さないリストに追加されました

date: 2009/09/23 23:50
|

vs. Huluさん

cp_fastlane0006

スカウトだから勝てると思ったら、グレネード直撃余裕でした。
挑発しましたね、許さないよ。

リベンジ!……?

cp_fastlane0007

「よし、デモマンを倒した! Huluさんざまぁ! 挑発するしかない!」と思ったら、そのデモマンはMasaruさんでした。
Masaruさん、ホントゴメンね。正直スマンかった。

仲が良かったころの僕とHuluさん

cp_egypt_final0003

超強敵を一緒に倒して、仲良く挑発していたあの頃にはもう戻れない……。

「Need for Speed SHIFT」デモ版の拭いきれない微妙さ加減

date: 2009/09/22 19:00
|

nfss_01

レースゲーム「Need for Speed SHIFT」のデモ版をプレイしてみました。
日本での発売は2009年内となっていますが、ヨーロッパとアメリカでは既に発売されているそうです。

nfss_02

nfss_03

nfss_04

nfss_05

nfss_06

nfss_07

個人的にレースゲームにはレースそのものの楽しみ以上に、車のグラフィックやインターフェイスのデザインなどの視覚的な部分を楽しみにしているのですが、この作品は期待外れでした。
グラフィック設定をHIGHにして、アンチエイリアスもかけてみましたが、どうもイマイチ。
最近プレイした「GRID」や、「Gran Turismo」「Ridge Racer」「Wipeout」などの他の有名なレースゲームシリーズと比較すると、グラフィック・デザイン面ではかなり見劣りします。

また、肝心の車の挙動も微妙で、フレームレートは出ているのにシフトやアクセルワークでカクついたり、アンダーステアなのかオーバーステアなのかわからないセッティングだったりとストレスがたまる仕様でした。

正直、全ての面において昨年発売された「GRID」の方が上でした。

ダウンロード

自己解凍形式のファイルをダウンロードしてから開くと、自動でインストールが開始されます。